湿気の防止(観葉植物をやめる)

湿気取り 方法 部屋
Pocket

たまに、とてもたくさんの観葉植物を、お部屋の中においているご家庭があります。
観葉植物が湿気の原因になるとは、思ってもいらっしゃらないかたがたでしょう。
見た目も良いですし、精神的に癒されるという理由、そして、ストレートに植物が好きだから、という理由もあるでしょう。
実際、植物には癒しの効果があるので、植物をお部屋に置くこと自体は、悪いことではありません。
しかし、湿気が多くてお困りのお部屋の場合には、できるだけ置かない方が良いのです。
空気を綺麗にしてくれる効果もあるのですが、植物そのものにもお水をあげないといけませんし、植物は生きていますから、呼吸をし、水分を排出します。
そのため、観葉植物をたくさん置くほど、そのお部屋は湿度が高くなります。
家の中には、ひとつか二つだけにして、あとはベランダなどで育てるのが最適です。
もし、年中、暖かい地方でしか生きられない植物がお好きなのであれば、ベランダの片隅に小さな温室のようなものを設置するのが一番良い方法だと思います。
あまりお金を掛けられないのであれば、ご自身で、ビニールハウスのようなものを作ってみるのはいかがでしょうか。
とにかく、お部屋の中のグリーンは最小限にすべきです。
それが、植物好きのかたがお金を掛けずにお部屋を湿気から守るもっとも簡単な方法です。
湿気も嫌だけれども、どうしてもお部屋の中で植物を育てたいのであれば、やはり湿気取りの最終手段とも言える、除湿機の力を借りるしかありません。
除湿機は湿気取りの王様とも言えるくらいパワフルな電化製品ですが、大量の観葉植物がお部屋にある間は、ずっと電気代がかさむということを忘れないでください。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL