湿気取りグッズ(すのこ)

湿気取り 方法 部屋
Pocket

お部屋の中でも、大きな部分を占める布団。
この布団が湿気ていれば、お部屋も湿気が多く感じますし、またお部屋が湿気ていると、当然、布団は湿気ます。
つまり、お部屋の除湿と同時に、布団の湿気取りをすることもとても重要なことなのです。
いえ、出来れば布団の湿気取りというよりも、湿気の予防ができれば、さらに良いですね。
それが出来ればお部屋の湿気も、軽減されるからです。
そのために用いると良いのが「すのこ」です。
すのこを押し入れの中に置いて、その上に布団をしまうというのは、昔からよく言われる湿気防止の収納方法ですが、もちろんこれはやったほうが良いです。
押し入れの奥にもすのこを立てかけておけば、空気の通り道ができて、それまでの湿気を感じなくなるくらいです。
湿気が充満してから湿気取りを使用するよりも、一度乾燥させたら、その後は予防第一と考えてください。
そして、それだけでなくおすすめなのが、布団を敷くときにも、すのこの上に敷くという方法です。
布団の大きさくらいで、折りたためるようになったすのこが家具店やホームセンターなどに売っていますので、それを使用するととても簡単でラクなのですが、普通のすのこをジョイントさせて自分で作ることも可能です。
そのような作業が苦手なかたは、市販の布団用のすのこを買った方が良いです。
万一にでも、ケガをしてはいけませんからね。
市販のものは、それほど高いものではありません。
ベッドが良いかたはすのこベッドというものもありますよ。
一回購入すれば、ずっと使うことができますので、決して損な買い物にはならないでしょう。
それよりも、実際に使ってみれば、布団の数だけ欲しくなるかもしれませんよ。
布団の下の風通しがよくなって、睡眠も快適になること間違いなしです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL