部屋の湿気取りに使えるもの続きその1

部屋の湿気取り 対策
Pocket

除湿剤は便利な商品ですが、すべての部屋、戸棚の中に置くとなると、その費用もかかりますし、買い物することも重くて大変です。
実はこの除湿剤の代わりとして、身近にあるもの、新聞紙が使えることをご存知でしょうか?
押入れに新聞紙を敷いているご家庭も多いと思いますが、あれは汚れ防止だけではなく、湿気取りの役目も果たしてくれているのです。
部屋の湿気取り対策として、新聞紙は十分に活用できるものですが、ビジュアルが悪いため、リビングに丸めた新聞紙を置いておくこともちょっと遠慮したいですよね。
そのような場合は、ソファーの下に新聞紙を置いておくとか、ジュータンやカーペットの下に新聞紙を敷くなど、見えないように部屋の湿気取り対策をしましょう。
おしゃれにインテリア感覚で置いておきたいなら、備長炭が一番よいでしょうね。
カゴに入れて何気なく飾り物として置いておける備長炭は、部屋の湿気取り対策にもなりますし、さらに脱臭効果もありますので、部屋の嫌なにおいを吸い取ってくれます。
特に靴箱は湿気も臭いもこもりがちな場所ですから、備長炭が活躍する場所です。
備長炭は高いものから、安いものまで、いろいろな種類がありますが、お試しに使ってみたいなら、100円ショップでも購入できるようなので探してみるとよいでしょう。
それから、部屋の湿気取り対策としては使えませんが、靴箱や小さな場所では、お菓子やおせんべいについている乾燥剤も代用できます。
いくつか乾燥剤をためておいて靴箱に入れておいたり、直接、靴の中に入れておいたり、湿気取り対策になるでしょう。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL