トップページへ

房総の列車が停まった日【電子書籍】[ 西村 京太郎 ]

   

 


 

 


<p>東京の郊外、高尾山にほど近い過疎の村にある別荘で、突然爆発が起こり、一人の男が吹き飛ばされて死亡した。

身元不明の被害者は、奇妙なことに手錠をはめられていた。

別荘の広間には、白線で9×9のマス目が描かれており、その床下に爆弾が仕掛けられていたのだ。

広間のマス目と散乱したコマから将棋盤を連想した十津川警部は、プロ棋士の中村を現場に呼んだ。

どうやら人間将棋を模した詰め将棋のようだ。

現場に残された駒も箱には、「第1の復讐に使用すること」と書かれていた。

十津川は、この駒を作った京都の宮島三郎に会いに行き、戦争中に作られた駒の話を聞く。

その二日後、捜査本部に第二の殺人を予告する脅迫状が届く。

一方、大原の海岸で、喉の奥に銀将の駒を詰まらせた男性の死体が発見されてーー。

十津川警部、将棋の駒に隠された犯人の謎に挑む!</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。

※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。

※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。

※このページからは注文できません。

  • 商品価格:907円
  • レビュー件数:2件
  • レビュー平均:5.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ

列車 関連ツイート


TOP